難消化性オリゴ糖

糖類の種類の一つにオリゴ糖があります。
そしてこのオリゴ糖には、様々な種類のオリゴ糖があり、小腸で吸収されてしまう消化性のオリゴ糖や、胃や小腸では消化されずに大腸まで届く難消化性のオリゴ糖があります。
そして難消化性のオリゴ糖は、胃や小腸では吸収されず、大腸内まで到達します。
そして善玉菌のビフィズス菌などを増殖させて、腸内環境を整えます。
この腸内環境を整えることは、便秘予防や腸の動きの改善へとつながります。

また難消化性オリゴ糖は、そのままの摂取したかたちで大腸まで到達します。
そして到達した時点で腸内細菌による発酵をします。
そして発酵した難消化性オリゴ糖は、大腸ではじめて吸収されてエネルギー源として利用されます。
またエネルギー源でもあるオリゴ糖にはカロリーがあります。
そして難消化性オリゴ糖はエネルギーとして利用できますが、このままでは体内に吸収されません。
そのため体内で吸収されないため、体重増加や血糖値の上昇に影響が少ないと言われています。

最近ではこのような難消化性オリゴ糖の特性を活かし、特定保健用食品のおなかの調子を整える食品として製品化されています。
しかし体重増加や血糖値の上昇に影響に効果的であるオリゴ糖ですが、適正量以上摂取するとおなかがゆるくなるので注意が必要であり、血糖値は緩やかながら上昇し、体重増加にも影響があります。
そこで何事も摂取量は記載されている目安量を参考に使用します。


≪特選外部サイト≫
便秘解消を目的として開発されたオリゴ糖の通販サイトです ⇒ 便秘